前田研究室のホームページにようこそ

前田研究室では,量子凝縮の代表的な現象である「超伝導現象」に興味を持って研究を行っています.
マイクロ波・ミリ波・テラヘルツ領域の電磁応答の測定を得意としており,
これらの実験手法を用いて独自の視点から超伝導研究を展開しています.
前田研で,研究をしてみたい!!という希望のある方は,前田までご連絡下さい.

お知らせ

ニュース

2016年5月 受賞 岡田博士研究員が応用物理学会講演奨励賞を受賞しました.
2016年5月 イベント 鍋島助教が着任しました.
2016年4月 発表 前田教授が,5th International Conference on Superconductivity and Magnetism (ICSM2016) (Fethiye, Turkey)で発表しました.(招待講演)
2016年 4月イベント 大学院生修士課程1年生の川合君,黒川君,長澤君が新メンバーとして加わりました.
2016年 4月イベント 今井助教が東北大学大学院理学研究科物理学専攻の講師として栄転されました.
2016年 3月 受賞 岡田君(D3)と長澤君(B4)が,一高記念賞を受賞しました.
2016年 3月 発表 浅見君(M1),小川君(M1),鍋島博士研究員,今井助教が,物理学会(東北学院大学)で発表しました.
2016年 3月 発表 岡田君(D3)と前田教授が,応用物理学会(東京工業大学)で発表しました(前田教授は招待講演).
2016年 3月 発表 岡田君(D3)と鍋島博士研究員が,アメリカ物理学会(Baltimore, Maryland)で発表しました.
2016年 1月論文 前田研と小野瀬研究室(東京大学大学院総合文化研究科)との共同研究に関する論文が,Phys. Rev. B誌に掲載されました.
  Phys. Rev. B 93 (2016) 014436.
らせん磁性体MnSiの熱電応答を調べた結果をまとめたものです.
2015年12月 発表 応用物理学会超伝導分科会 第52回研究会(東京大学武田先端知ビル)で,前田教授が発表しました(招待講演).
2015年12月 発表 第23回磁束線物理国内会議(休暇村志賀島,福岡)で,前田教授が発表しました.
2015年11月論文 Fe(Se,Te)薄膜に関する研究の解説記事と前田研究室の研究室紹介が,FSSTニュースに掲載されました.
  解説記事:FSST ニュース 147 (2015) 7-12.
  研究室紹介:FSST ニュース 147 (2015) 24-25.
2015年11月イベント 前田教授が,都立町田高校で出前授業を行いました.
2015年11月 発表 澤田君(M2),岡田君(D3),鍋島博士研究員,今井助教が,ISS2015(Funabori)で発表しました(今井助教は、招待講演).
2015年10月イベント 4年生の長澤君が新メンバーとして加わりました.
2015年 9月 発表 澤田君(M2),岡田君(D3),鍋島博士研究員,前田教授が,物理学会(関西大学)で発表しました(前田教授は招待講演).
2015年 9月 発表 今井助教が,応用物理学会(名古屋国際会議場)で発表しました.
2015年 9月 受賞 今井助教の応用物理学会の講演が, 第76回応用物理学会秋季学術講演会の注目講演に選出されました.
2015年 9月論文 Fe(Se,Te)薄膜に関する研究の解説記事が,セラミックス誌(2015年9月号)に掲載されました.
  セラミックス 50 (2015) 721.
2015年 8月論文 Fe(Se,Te)薄膜に関する研究の解説記事が,固体物理(2015年8月号)に掲載されました.
  固体物理 50 (2015) 457-470.
2015年 8月発表 岡田君(D3),今井助教が,ジュネーブで行われたM2S2015で発表しました.
2015年 6月論文 3月に卒業した高橋さん(現神戸大助教)が中心になって行った研究に関する論文が,Appl. Phys. Lett.に掲載されました.
  Appl. Phys. Lett. 106 (2015) 233106/1-4.
走査トンネル顕微鏡をベースとし,局所的なマイクロ波電導度を高い感度で測定することが可能なマイクロ波顕微鏡の開発について報告しています.また,同装置を使って鉄系超伝導体KxFeySe2の局所的なマイクロ波電導度を測定した結果,電導度の不均一な分布を初めて明らかにしました.
2015年 6月 発表 前田教授が,基研研究会「多自由度と相関効果が生み出す超伝導の新潮流 ~BCSからBECまで~」(京都大学基礎物理学研究所)で発表しました.
2015年 6月 発表 前田教授が,11th International Conference on Ceramic Materials and Components for Energy and Environmental Applications (Vancouver, Canada)で発表しました(招待講演).
2015年 5月 発表 前田教授が,Vortex 2015 (Madrid, Spain)で発表しました(招待講演).
2015年 4月イベント 大学院生修士課程1年生の浅見君,小川君が新メンバーとして加わりました.
2015年 4月イベント 前田研で博士号を取得した高橋英幸さんが,神戸大学極限物性物理学講座の助教に着任されました.
2015年 3月 受賞 須貝君(B4)が,一高記念賞を受賞しました.
2015年 3月 発表 今井助教が,高温超伝導フォーラム第3回会合(東京理科大学)で発表しました.
2015年 3月 発表 澤田君(M2),岡田君(D2),鍋島君(D3),高橋君(D3),今井助教が,物理学会(早稲田大学)で発表しました.
2015年 3月 発表 実験と計算科学の協奏が拓く物質科学・物質開発のフロンティア―――超伝導とトポロジカル物質の新展開(東京大学本郷キャンパス理学部)で,今井助教,前田教授が発表しました(ともに招待講演).
2015年 3月 発表 澤田君(M2),鍋島君(D3),高橋君(D3),今井助教が,応用物理学会(東海大学)で発表しました.
2015年 3月 発表 Joint Workshop on Iron-Based Superconductors by SUPER-IRON and IRON-SEA(JST Tokyo Headquarters, Science Plaza, Tokyo)で,前田教授が発表しました.
2015年 3月 発表 2015年アメリカ物理学会(Texus)で,鍋島君(D3),高橋君(D3),前田教授が発表しました.
2015年 3月論文 前田研と電力中央研究所との共同研究に関する論文が,Jpn. J. Appl. Phys.に掲載されました.
  Jpn. J. Appl. Phys. 54 (2015) 043102.
鉄系超伝導体Fe(Se,Te)薄膜のホール係数の組成依存性について調べた結果をまとめたものです.
2015年 2月論文 岡田君(D2)が中心になって行った研究に関する論文が,Phys. Rev. Bに掲載されました.
  Phys. Rev. B 91 (2015) 054510/1-6.
鉄系超伝導体Fe(Se,Te)の磁束フロー抵抗の特異な磁場依存性が,乱れの多い超伝導体における超流体の逆流現象を考慮することで説明できることを明らかにしました.
2015年 2月論文 澤田君(M1),鍋島君(D3)が中心になって行った研究に関する論文が,米国科学アカデミー紀要に掲載されました.
"Suppression of phase separation and giant enhancement of
superconducting transition temperature in FeSe1-xTex thin films"
Proc. Natl. Acad. Sci. USA, DOI: 10.1073/pnas.1418994112

この論文は,澤田君(M1)が昨年行った卒業研究の成果を中心に報告しています.薄膜作製の手法を用いて,鉄カルコゲナイド超伝導体において,発見以来問題となっていた相分離を解消することに初めて成功し,さらに,超伝導臨界温度の大幅な上昇に成功しました.
ニュースリリース:"東京大学大学院総合文化研究科" "科学技術振興機構 (JST)"
2015年 1月イベント 前田教授が,千葉市科学館で高校生向けの一般講演を行いました.
2014年12月受賞 今井助教,前田教授が中心になって行った「液体ヘリウムの回収純度および回収流量のリアルタイムモニタリングシステムの構築」が,2014年度業務改革総長賞特別賞を受賞しました.
2014年12月論文 Supercond. Sci. Technol.に,Politecnico di Torinoと前田研究室との共著の論文が,掲載されました.
  Supercond. Sci. Technol. 27 (2014) 124014/1-8.
鉄カルコゲナイド超伝導体のポイントコンタクトの測定結果を報告しています.
2014年12月 発表 前田教授が,研究会「電荷とスピンが織りなす時空間マルチスケール揺らぎ」で招待講演を行いました.
2014年11月イベント 前田教授が,都立町田高校で出前授業を行いました.
2014年11月 発表 高橋君(D3),前田教授が,ISS2014(Funabori)で発表しました(前田教授は、招待講演).
2014年10月 発表 前田教授が,10th International Conference on New Theories, Discoveries and Applications of Superconductors and Related Materials (NEW3SC-10)で招待講演を行いました.
2014年10月 発表 岡田君(D2),今井助教が,基研研究会「多自由度電子状態と電子相関が生み出す新奇超伝導の物理」(京都大学基礎物理学研究所)で発表しました.
2014年10月イベント 4年生の佐々木君,須貝君が新メンバーとして加わりました.
2014年 9月 発表 Final IRON-SEA meeting(Dresden, Germany)で,今井助教,前田教授が発表しました(前田教授は招待講演).
2014年 9月 発表 澤田君(M1),岡田君(D2),鍋島君(D3),高橋君(D3),前田教授が,物理学会(中部大学)で発表しました(前田教授は招待講演).
2014年 8月イベント 岡山県立津山高校の皆さんが来訪し,研究室を見学しました.
2014年 7月 発表 今井助教が,未踏科学技術協会 超伝導科学技術研究会 第84回ワークショップで,11系鉄系超伝導体に関するレビュー講演を行いました(招待講演).
2014年 7月 発表 第22回磁束線物理国内会議(ハイランドふらの,北海道)で,岡田君(D2),前田教授が発表しました.
2014年 7月 発表 前田教授が,10th International Workshop on Magnetism and Superconductivity at the Nanoscaleで招待講演を行いました.
2014年 4月論文 Physica Cに,岡田君(D2)の論文が,掲載されました.
  Physica C 504 (2014) 24-27.
P置換したBaFe2As2単結晶のフラックスフロー抵抗の測定結果を報告しています.
2014年 3月論文 Appl. Phys. Lett.に,前田研,電中研,IFW-Dresden,東京農工大の共著論文が,掲載されました.
  Appl. Phys. Lett. 104 (2014) 122603/1-5.
CaF2基板上に作製した3種類の鉄系超伝導体薄膜の微細構造を比較した論文です.
2014年 3月 発表 岡田君(D1),鍋島君(D2),今井助教が,物理学会(東海大学)で発表しました.
2014年 3月 発表 高橋君(D3)が,高温超伝導フォーラム第2回会合(上智大学)で発表しました.
2014年 3月 発表 鍋島君(D2),前田教授が,応用物理学会(青山学院大学)で発表しました(前田教授は招待講演).
2014年 3月 発表 5th IRON-SEA meeting(Nagoya Univ., Aichi)で,今井助教,前田教授が発表しました(前田教授は招待講演).
2014年 3月 発表 2014年アメリカ物理学会(Denver)で,岡田君(D1),鍋島君(D2),前田教授が発表しました.
2014年 2月論文 Appl. Sur. Sci.に,前田研と電中研の共著論文が,掲載されました.
  Appl. Sur. Sci. 312 (2014) 43-49.
鉄系超伝導体のひとつであるFe(Se,Te)薄膜の作製と,その薄膜を用いたホール効果やテラヘルツ伝導度測定の結果をまとめた論文です.
2013年12月 発表 第21回磁束線物理国内会議(東北大学金属材料研究所,宮城)で岡田君(D1),前田教授が発表しました.
2013年11月 発表 前田教授が,8th Solid State Surfaces and Interfaces (SSSI 2013)で招待講演を行いました.
2013年11月イベント 前田教授が.都立町田高校で出前授業を行いました.
2013年11月 発表 岡田君(D1),鍋島君(D2)が,ISS2013(Funabori)で発表しました.
2013年10月 発表 前田教授が,International Conference ELECTRON CORRELATION IN NANOSTRUCTURES (ECN-2013)で招待講演を行いました.
2013年10月論文 Appl. Phys. Lett.に,鍋島君(D2)の論文が,掲載されました.
  Appl. Phys. Lett. 103 (2013) 172602.
鉄系超伝導体のひとつであるFeSe薄膜をCaF2基板上に成長させることで,バルク結晶の約1.5倍の超伝導転移温度を持つ薄膜の作製に成功しました.
2013年10月イベント 4年生の澤田君,蕨君が新メンバーとして加わりました.
2013年 9月 発表 岡田君(D1),鍋島君(D2),今井助教が,物理学会(徳島大学)で発表しました.
2013年 9月 発表 鍋島君(D2)が,応用物理学会(同志社大学)で発表しました.
2013年 9月 発表 11th European Conference on Applied Superconductivity(EUCAS2013; Genova, Italy)で,今井助教,前田教授が発表しました.
2013年 9月 発表 4th IRON-SEA meeting(Torino, Italy)で,今井助教,前田教授が発表しました(前田教授は招待講演).
2013年 7月 発表 前田教授が,IMR Workshop "Superconductivity research advanced by new materials and spectroscopies"で招待講演を行いました.
2013年 7月 発表 9th International Workshop on Magnetism and Superconductivity at the Nanoscale(Coma-ruga, Spain)で,前田教授が発表しました(招待講演).
2013年 6月 受賞 吉中泰輝さん(2011年度修士卒)が行った仕事をまとめた論文
J. Phys. Soc. Jpn. 82 (2013) 063702. が,J. Phys. Soc. Jpn.誌の
”Top 20 Most Downloaded Articles -- May 2013”の第9位にランクインしました!
2013年 5月 発表 14th International Workshop on Vortex Matter in Superconductors(Nanjing, China)で,前田教授が発表しました(招待講演).
2013年 5月 受賞 秋池孝則さん(2011年度修士卒)が作製した薄膜の結果をまとめた論文
Appl. Phys. Express 4 (2011) 053101/1-3.
Applied Physics Express誌の”Most Cited 10 Articles 2012”に選ばれました!
2013年 5月 イベント 学部1,2年生を対象にした総合科目「自然現象とモデル」において,超流動ヘリウムのデモ実験を行いました(写真).
2013年 5月論文 J. Phys. Soc. Jpn.の6月号に,前田研と岡山大との共同研究が,Letter論文として掲載されました.
  J. Phys. Soc. Jpn. 82 (2013) 063702.
吉中泰輝さん(2011年度修士卒)が行った仕事をまとめた論文です.
トポロジカル超伝導体の有力候補であるCuxBi2Se3単結晶を再現性よく作製する方法について報告しています.
2013年 5月論文 電力中央研究所と前田研究室の共同研究をまとめた論文(2報)が,出版されました.
  J. Phys. Soc. Jpn. 82 (2013) 064710.
  Supercond. Sci. Technol. 26 (2013) 075002.
2013年 4月論文 J. Phys. Soc. Jpn.の4月号に,前田研と東工大細野グループの共同研究が,Letter論文として掲載されました.
  J. Phys. Soc. Jpn. 82 (2013) 043709.
鉄系超伝導体の母物質BaFe2As2において,Dirac準粒子のダイナミクスの観測に成功しました.
Dirac準粒子のダイナミクスを直接とらえた報告は,Grapheneにおいて一例報告があるのみで,THzスペクトルでは初めての観測例となります.
2013年 4月 受賞 高橋君(D3),今井助教を中心に行った研究をまとめた論文(Y. Imai et al., J. Phys. Soc. Jpn., 80 (2011) 013704/1-4.)が J. Phys. Soc. Jpn.誌の”Most Cited Articles in 2012 from Vol. 80(2011)”に選ばれました!(写真
2013年 4月 イベント 前田研で3年間PDとして活躍された石井悠衣さんが,大阪府立大学工学部マテリアル工学科 森研究室の助教に着任しました.
2013年 3月 受賞 岡田君(M2)が,広域科学専攻賞を受賞しました(写真).
2013年 3月 発表 岡田君(M2),鍋島君(D1),高橋君(D2),今井助教,前田教授が,物理学会(広島大学)で発表しました(前田教授は招待講演).
2013年 3月 発表 2013年アメリカ物理学会(Baltimore)で,高橋君(D2),今井助教,前田教授が発表しました(前田教授は招待講演,写真).
2013年 3月 発表 IRON-SEA 3rd Meeting (Osaka Univesity, Osaka, Japan)で,鍋島君(D1),前田教授が発表しました(前田教授は招待講演).
2013年 3月論文 Physica Cに,岡田君(M2)の論文が掲載されました.
Physica C 484 (2013) 27-30.
2012年12月 発表 第20回磁束線物理国内会議(鷲羽山下電ホテル,岡山)で岡田君(M2),前田教授が発表しました(写真).
2012年12月 発表 岡田君(M2)が,ISS2012(Funabori)で発表しました(写真).
2012年12月 イベント 前田研・上野研・深津研合同チームで,第3回総合文化研究科長杯フットサル大会に出場,総合5位となりました(写真).
2012年11月 論文 新しいマルチギャップ超伝導体β-Bi2Pdを発見しました.
J. Phys. Soc. Jpn. 81 (2012) 113708.
J. Phys. Soc. Jpn.の11月号に,Letter論文として掲載されました
2012年10月論文 Physical Review Bに,高橋君(D2)の論文が掲載されました.
Physical Review B 86 (2012) 144525.
PをドープしたSrFe2As2の超伝導ギャップに,線状のノードが存在することを明らかにしました.
超流体密度やフラックスフロー抵抗と超伝導ギャップ構造との関係を具体的に議論しており,方法論としても新しい側面を持っています.
2012年10月イベント 前田研,上野研,小野瀬研合同で,4年生の歓迎会を行いました(写真).
2012年10月イベント 4年生の大塚君,越田君が新メンバーとして加わりました.
2012年 9月発表 岡田君(M2),鍋島君(D1),高橋君(D2),今井助教が,物理学会(横浜国立大学)で発表しました.
2012年 9月発表 今井助教が,応用物理学会(愛媛大学)で発表しました.
2012年 9月発表 前田教授が,イタリアで行われた国際会議(New3SC-9)で発表しました(基調講演).
2012年 8月イベント 岡山県立津山高等学校の1年生の皆さんが来訪し,研究室を見学しました.
2012年 8月論文 Physical Review Bに,岡田君(M2)の論文が掲載されました.
Physical Review B 86 (2012) 064516.
s+-超伝導状態が有力視されている鉄を含む超伝導体(LiFeAs)のフラックスフロー抵抗を初めて測定しました.
2012年 7月発表 鍋島君(D1),今井助教,前田教授が,ワシントンDCで行われたM2S2012で発表しました.
2012年 5月発表 高橋君(D2),今井助教,前田教授が,松島で行われたマイクロ波に関する国際会議(HTSHFF2012)で発表しました(前田教授は基調講演).
今井助教がBest Poster Awardを受賞しました.
2012年 5月イベント 「前田教授から学生の皆さんへ」が,YouTube(外部サイト)に公開されました.
2012年 5月 受賞 秋池孝則さん(2011年度修士卒)を中心に行った仕事をまとめた論文
Y. Imai et al., Appl. Phys. Express 3 (2010) 043102.
Applied Physics Express誌の”Most Cited 10 Articles 2011”に選ばれました!
2012年 4月論文 Physics Procediaに,鍋島君(D1)の論文が掲載されました.
Physics Procedia 27 (2012) 13.
2012年 3月 受賞 鍋島君(M2)が,広域科学専攻賞を受賞しました.
2012年 3月論文 J. Phys. Soc. Jpn.に,中村さん(2010年度博士卒)が学生時代に行った仕事をまとめた論文が掲載されました.
J. Phys. Soc. Jpn. 81 (2012) 044709.
2012年 3月発表 岡田君(M1),鍋島君(M2),高橋君(D1)が,物理学会(関西学院大学)で発表しました.
2012年 3月発表 岡田君(M1),今井助教,前田教授が,応用物理学会(早稲田大学)で発表しました.
今井助教が講演奨励賞を受賞しました.
2012年 2月発表 2012年アメリカ物理学会(Boston)で,高橋君(D1)が発表しました.
2012年 2月発表 The 4th GCOE International Symposiumで今井助教が発表しました(招待講演,基調講演).
2012年 1月論文 Jpn. J. Appl. Phys.に,鍋島君(M2)の論文と前田研と電中研塚田グループとの共著の論文が,掲載されました.
Japanese Journal of Applied Physics 51 (2012) 010102/1-4.
Japanese Journal of Applied Physics 51 (2012) 010104/1-6.

更新情報

2016年5月25日
講義関係に,凝縮系物理学の配布資料・演習問題を追加.
2016年5月
メンバーを更新.
2016年4月
メンバーを更新.講義関係の,物性物理学Iと物質科学セミナーIIIを更新
2016年1月
論文情報やメンバーを更新
2015年11月
講義関係に町田高校出前授業のスライドを追加
2014年10月
講義関係の,量子力学と振動波動を更新
2013年11月
講義関係に町田高校出前授業のスライドを追加
2013年7月
講義関係に自然現象とモデルと大学院講義のレポート問題を追加
2013年6月
講義関係に自然現象とモデルのレポート問題を追加
2013年5月
ホームページを全面リニューアル!